読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらり100名城めぐり

だらだらと日本100名城めぐりします

008城目 16/箕輪城(直政の陰謀編)

100名城 関東・甲信越 梯郭式 平山城

業正が存命中はさすがの信玄も攻め落とせなかった堅城、なかなかに手強いw。業正の陰謀にはめられ2回に分けざるを得なくなった箕輪城続きですm(_ _;)m

斜面を上がっていくと本丸の前に、まずは御前曲輪。

f:id:kamomenosuke:20141115185512j:plain

ここには、箕輪城将士慰霊碑や長野氏時代の井戸などがありました。

f:id:kamomenosuke:20141115185649j:plainf:id:kamomenosuke:20141115190252j:plain

御前曲輪の全景。

f:id:kamomenosuke:20141115185057j:plain

このミサイルの先っちょみたいのは何だか判らないと思いますが、この場所に忠霊塔とともに弾丸を模したものが対で2つ置いてありました。マムシグサのリベンジのつもりで撮りましたが、全く意味不明の訳の分からない写真に(_ _;)

そしてその先に本丸跡。

f:id:kamomenosuke:20141115190921j:plainf:id:kamomenosuke:20141115191012j:plain

本丸の奥からは、さきほど歩いてきた堀切底が望めます。

f:id:kamomenosuke:20141115191114j:plain

本丸を過ぎると、ぐるりと曲輪全体を一周して最初の二の丸に戻るのですが、その間に箕輪城址碑と説明碑、そして幅30~40mの空堀がありました。

f:id:kamomenosuke:20141115192050j:plainf:id:kamomenosuke:20141115191906j:plain

 

ひと通り曲輪を見終わり、この後は三の丸横を下りつつ、虎こう門のある駐車場へと戻っていきます。

f:id:kamomenosuke:20141115193723j:plain

城内で最も高い、三の丸の石垣。

f:id:kamomenosuke:20141115193817j:plainf:id:kamomenosuke:20141115193914j:plain

三の丸の先に最後の鍛冶曲輪。ここにも石垣がありました。

f:id:kamomenosuke:20141115194321j:plainf:id:kamomenosuke:20141115194403j:plainf:id:kamomenosuke:20141115194424j:plain

あ。

うぐっ。…気づけば、何の盛り上がりも…見せず…もう…画像が、ない(;゚Д゚)

f:id:kamomenosuke:20141115194954j:plain

箕輪城(20141102):戦国妄想度★★★ ※業正陰謀度★★★★

さすが業正、お城ドしろーとの自分にはどうにも箕輪城の魅力を伝えづらく、このブログ書き直したくなるほどにしてやられましたw。もう諦めて、おじさんにもらったパンフを片付けようと改めて見直すと

『現在の箕輪城は、長野氏時代の城とはかなり異なっていて、最後の井伊直政在城当時の姿に最も近いと考えられます』だと…?(。゚ω゚) 

う~む、恐るべし直政(/・ω・)/

 

上州三所攻めおしまいです…。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


お城巡り ブログランキングへ