読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらり100名城めぐり

だらだらと日本100名城めぐりします

番外編/墨俣一夜城(味噌カツ渇望編)

番外編/墨俣一夜城(移動編)

番外編/墨俣一夜城(館内観覧編)

2日目16時55分。

ひと通り館内を見終わり、閉館時間も近づいてきたので資料館外へ。

_MG_9014

2日目の城めぐり予定はここまでで、あとは名古屋のホテルへ帰るのみ。もう焦ることもなく資料館のまわりをぶらぶら見学します。

_MG_9016

脇の方から、目の前にある犀川の傍まで行ける階段があったので降りてみました。

_MG_9017  _MG_9020

特に何があるわけじゃないですが、傾きかけた夕陽がきらきらと川面に映えて郷愁を誘います&まだこの時期の川辺寒いw

_MG_9022

すごすごと元に戻り、反時計回りに辺りを散策。

こちら墨俣城・一夜城の城址碑。

_MG_9015_MG_9023

ここ一夜城跡は、木曽川三川(木曽、長良、揖斐)の流域で一般募集された“私の好きな風景”として、「木曽三川三十六景」のひとつに選ばれています。

_MG_9025

その先には豊国神社。

_MG_9024

墨俣一夜城が建設された際に、大阪城公園にある豊國神社から分祀されたそうで、Wikiによると豊国神社は全国の「秀吉の生涯に縁のある各地に鎮座する」とのこと。今度大坂城行ったら見てこよう。参照:豊国神社 - Wikipedia 

ちょっと驚いたのが、洲股築城犠牲者の墓!?

_MG_9031

いやいや、これホントだったら一夜城が完全にあったことになるから。でも、合掌しとく(-人-;)

_MG_9030_MG_9034

いやいやいや、知ってますよ実在しない模擬天守だって。大垣城天守似の歴史資料館なんすよ。

_MG_9036

知ってるけど、ついカッコいい角度で撮ってしまう天守好きの悲しい性。大多喜城でも同様。

「出世の泉」。ふむ。としか言いようがない。 

_MG_9037

こちら「出世ひょうたん」。 

_MG_9040

願掛けした出世ひょうたんは、毎年10月に行われる"すのまた秀吉出世まつり"でお焚き上げされ念願成就されるそうです。縁起物だしね、意外と楽しそう。参考:すのまた秀吉出世まつり | 大垣市

以上こんな感じで、墨俣一夜城見学おしまい。

_MG_9043_MG_9044

だいぶ日も傾いてきました。 

ただ、帰りをまた「墨俣バス停」まで戻って、なーんもない道端でバス待ちするのもなんだかなーと思い、資料館の方に「他の交通手段は何かありますか?」とお聞きすると「電車の最寄駅が遠いので、大抵の方はタクシー呼びますね」とのご返事。

_MG_9046

それを聞いて何を血迷ったか「タクシーで駅まで行くのも、せっかくのロケーションだしなんだかもったいないなぁ」と思い、時間もあることだし周辺をつらつら写真撮りながら、教えられた一番近い「穂積」駅まで歩いていくことにしました。

_MG_9052_MG_9050

もう周囲には人っ子ひとりいません。ここら辺、街灯少ないから日が落ちたら相当暗いだろうな…

_MG_9057_MG_9058

資料館脇には、長良川に沿って「清流サルスベリ街道」と名付けられた車道が走り、結構なスピードで車が駆け抜けていきます。ちょっと危ないので長良川と車道の間にある土手上を歩いていくことにしました。

_MG_9059_MG_9060

資料館上空にはうろこ雲。明日は雨かもしれないな(´・ω・`) 

_MG_9061

長良川を眺めつつ誰もいない土手上をひとり進みます。

_MG_9064

春まだ遠く(当日2/28)頬にあたる川からの風がつべたい。

資料館がもうあんな遠くになっちゃった…

_MG_9066

ちょっとマジ風冷たすぎ。当たり前だが身を隠す場所がどこにもない。

_MG_9067

※暗すぎたから露出あげたら明るくなりすぎた(-_-;)

ホントひとり旅で良かった。この選択、誰かと一緒だったら相当恨まれてるな…とか後悔しつつとぼとぼ歩いてきて、ようやく駅方向へ向かう道に辿りつきました。吹きさらしの土手上から早く逃げたくて急いで降りていきます。 

_MG_9069

 

結論から言います。健脚自慢じゃない限り、一夜城からの帰りは変なこと考えないで、バスじゃなかったら絶対タクシー呼んだ方が賢明です…

f:id:kamomenosuke:20150524150952p:plain

土手上からはなーんも景色変わらないし、降りたら、果てしなく続く住宅街をひたすらまっすぐ歩くだけ。休憩できるコンビニもないし、もうここまでで足の裏がジンジンしてきた( ;∀;)

_MG_9070

今日は朝から犬山城岐阜城大垣城そして最後は墨俣と1日中歩きに歩いて、食事も朝のカロリーメイト岐阜城でのみたらし団子しか口にしておらず、何度スマホでタクシー呼んじゃおうと思ったかわかりません。が、ここで呼んだら自分に負けるとか変な意地を張り続け「名古屋戻ったら夕飯は絶対肉食べよう。しかも味噌カツだ、甘くて旨いの食べるぞ」と、それだけを支えにヘトヘトになりながらも歩き続けました…

 

あぁ…やっと街の灯が見えた

_MG_9071

結局1時間近くかかって、どうにか駅に到着。 

_MG_9072_MG_9073

名古屋へと向かう電車の中で、ひたすら味噌カツばかりを検索してこちらのお店へ。 

_MG_9074

トンテキが名物のお店らしいのですが味噌カツも絶品のようで、疲れた身体が甘い味を欲していたため、迷うことなく「特選ロース味噌カツ」を注文。

f:id:kamomenosuke:20150526124317j:plain

味噌の甘さが身体に染み入ります…最後苦労したからこその、この喜び。とか自業自得をポジティブに置き換えつつ大変美味しく頂きました( ´З`)=3今だったらたぶん味噌だれプールにも飛び込める。ごちそうさまでした。

このあとは昨夜と同じくさっさとホテル帰って、もうストイックに寝るだけ。この2日間で各城跡でもらってきた戦利品(案内パンフ)です。

f:id:kamomenosuke:20150526213321j:plain

帰りがけに湿布も購入しました。ふくらはぎから足裏からベタベタ貼って寝たら翌朝すっきり。ジクロテクトすげー効いた。

明日3日目も朝早いですが、最後は犬山城の次に行きたかった「女城主の城」です。

 

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


お城巡り ブログランキングへ