読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらり100名城めぐり

だらだらと日本100名城めぐりします

023城目 04/弘前城(春陽橋編)

100名城 北海道・東北 梯郭式 平山城 現存天守 層塔型

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編)

023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編)

023城目 04/弘前城(二の丸散策編)

023城目 04/弘前城(天守観覧編) 

023城目 04/弘前城(本丸から北の郭編)

有料区域だった本丸・北の郭から出て、四の丸方面へ降りていきます。 

f:id:kamomenosuke:20150720154631j:plain

天守のある本丸東側は内濠で守られていますが、こちら西側は河岸段丘の崖下に「蓮池濠」が備えられており、本丸・北の郭との標高差は17メートル。

f:id:kamomenosuke:20150720154621j:plainf:id:kamomenosuke:20150720154650j:plain

蓮池濠の名のとおり夏には水面に蓮の花が咲くそうで、この日は桜の木の下でお花見が行われていました。ここは空いてていいかもね(^_^)

先へ進むと、城内を流れる二階堰に架かる橋「波祢橋(はねばし)」。橋から見て右側、四の丸の二階堰沿いにはさくらまつりの露天が建ち並んでいます。

f:id:kamomenosuke:20150720154704j:plainf:id:kamomenosuke:20150720154658j:plain

先の記事にあった「鷹丘橋」同様に4代藩主 信政が1671年(寛文11年)に架橋したとされ、「はねばし」の名からかつては“橋を跳ね上げられる可動式だった”といわれています。

橋の左側は二階堰と西濠に挟まれた通路(通称『桜のトンネル』)の桜並木。

f:id:kamomenosuke:20150720154710j:plainf:id:kamomenosuke:20150720154715j:plainf:id:kamomenosuke:20150720154720j:plain

昨夕、桜に囲まれたこの道を歩いたときは、つくづく日本人でよかったと思いました(*´∀`)

「波祢橋」からほど近く、西濠に架かるのが「春陽橋」。

f:id:kamomenosuke:20150722012720j:plain

“春の陽”に照らされた橋と、何とも気分のいい名の橋は1932年(昭和7年)に通行の利便性から架けられ、昨晩も夜桜を見ようと沢山の見物客がいましたが、日中はそれ以上に大盛況です。

それもそのはず、ここから眺める桜並木は圧巻のひと言。拙い写真でうまく伝わるかわかりませんが、どうぞご覧ください(PCだったら横位置写真は画像クリックで大きくなります)。

f:id:kamomenosuke:20150722013323j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722013402j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722013544j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722013559j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722013641j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722013652j:plain

春陽橋を渡った反対側から。

f:id:kamomenosuke:20150722013735j:plain

川沿いを北へ向かって歩いていきます。ブログ手抜きー(;^ω^)

f:id:kamomenosuke:20150722013828j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722013923j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722013957j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722014013j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722014024j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722014053j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722014109j:plain

f:id:kamomenosuke:20150722014117j:plain

あまりのキレイさに短歌詠みます(;´∀`)

弘前の 薄桃色に

ひとびとの 笑顔咲きだす

春「ひと咲き城」

 

お粗末です…m(_ _)m

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


お城巡り ブログランキングへ