読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だらり100名城めぐり

だらだらと日本100名城めぐりします

023城目 04/弘前城(桜天守見納め&オマケ長め編)

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編) 023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編) 023城目 04/弘前城(二の丸散策編) 023城目 04/弘前城(天守観覧編) 023城目 04/弘前城(本丸から北の郭編) 023城目 04/弘前城(春陽橋編) 023城目 04/弘前城(四の丸…

023城目 04/弘前城(四の丸から三の丸編)

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編) 023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編) 023城目 04/弘前城(二の丸散策編) 023城目 04/弘前城(天守観覧編) 023城目 04/弘前城(本丸から北の郭編) 023城目 04/弘前城(春陽橋編) 長野の城めぐりが濃かったた…

023城目 04/弘前城(春陽橋編)

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編) 023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編) 023城目 04/弘前城(二の丸散策編) 023城目 04/弘前城(天守観覧編) 023城目 04/弘前城(本丸から北の郭編) 有料区域だった本丸・北の郭から出て、四の丸方面へ降りていき…

023城目 04/弘前城(本丸から北の郭編)

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編) 023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編) 023城目 04/弘前城(二の丸散策編) 023城目 04/弘前城(天守観覧編) 天守を見終わり、石垣修復工事の様子を間近で確認。 うーん、こりゃ大変そうだ( ゚д゚)。これから10年に渡…

023城目 04/弘前城(天守観覧編)

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編) 023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編) 023城目 04/弘前城(二の丸散策編) 下乗橋を渡りチケットを購入後、まずは天守内の見学に向かいます。 1611年(慶長16年)弘前城が築城された当初は、本丸には5層の天守がそび…

023城目 04/弘前城(二の丸散策編)

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編) 023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編) 早朝ホテルから外を眺めると、雲ひとつない青空に雪をたたえた岩木山。今朝も快晴です(・∀・) この写真でお気付きの方いるかもですが青森にはいつもの広角レンズの他に、もう一…

023城目 04/弘前城(手ブレぎりぎり編)

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編) - だらり100名城めぐり 今回も季節はずれの桜をメインに、手ブレぎりぎりまで粘った夕方から夜にかけての写真でお目汚しさせていただきますm(_ _)m 弘前城西濠に架かる「春陽橋」。 橋の上は結構な人出でしたが、隙を狙…

023城目 04/弘前城(夕暮れ城桜編)

根城を見終わり次は「弘前城」へ。 移動は新幹線とJR奥羽本線を使って、約1時間ちょっとです。 弘前に到着すると、駅周辺は桜目当ての観光客でいっぱい。写真は弘前城まで観光客の方々をピストン輸送するバス待ちの行列。 八戸を出たのが14時過ぎともうそれ…

022城目 05/根城(八戸市博物館編)

022城目 05/根城(広場移動編) 022城目 05/根城(本丸主殿編) 022城目 05/根城(中馬屋周辺編) 022城目 05/根城(本丸残り見学編) 『史跡 根城の広場』を見終えて、最後は「八戸市博物館」へ。 入口には、県重要文化財の「毘沙門天像」がキャラクタ…

022城目 05/根城(本丸残り見学編)

022城目 05/根城(広場移動編) 022城目 05/根城(本丸主殿編) 022城目 05/根城(中馬屋周辺編) ほぼMAP通りに周ってきて、いま青矢印のあたり。 400年前の復元主殿としだれ桜が絵になります。もちろん往時、桜は植わってないわけですがw とりあえず、…

022城目 05/根城(中馬屋周辺編)

022城目 05/根城(広場移動編) 022城目 05/根城(本丸主殿編) 主殿を見終わり、次は結構な間口の「中馬屋」。 とその前に、忘れちゃいそうなので馬屋裏手にある「本丸跡碑」を先に見ますm(_ _)m 傍らにある黒い石碑。「南無妙法蓮華経」と読めます。 国…

022城目 05/根城(本丸主殿編)

022城目 05/根城(広場移動編) - だらり100名城めぐり 木橋を渡って登り坂となった虎口の先には、本丸入口となる東門。 門を抜けて、こちらの料金所で入館料250円(博物館とセットだと400円)を支払ったのちスタンプをお借りし、自身東北エリアで最初の100…

022城目 05/根城(広場移動編)

春先、次はどこの城に行こうか考えているとこんなニュースを見ました。 弘前城、「弘前さくらまつり」に工事で水が抜かれた内濠を期間限定で一般開放 | NEWS for Travel なるほど。でも、行きたいのは山々だけれども大勢の花見客が訪れることで有名な“弘前さ…